整体院とマッサージの違いについて

マッサージ屋さんには行ったことあるけど、整体院は初めてという方も多いのではないでしょうか?

このページでは、治療内容やその効果、資格などにおいてマッサージと整体の施術の違いをご説明いたします。

整体院の特徴 1.  治療内容について

整体院は、痛みなどの症状を引き起こしている根本的な原因をつきとめ、根本的な改善、本当の治癒につながる適切な治療をします。

一時的な処置ではなく、より高度な手技や技術によって根本改善をはかり、患者様の自然(自己)治癒力が高まるようなアプローチが施術の内容になっています。

対症療法ではなく、根本治療になります。

マッサージでは・・・

マッサージは、根本的な改善、治療を目的にしていない場合が多く、筋肉のほぐしやリラクゼーション以上の効果は期待できず、慢性的な症状は改善されません。 

しかも、こっている部位を強く押したり、揉んだりすることによって結果的に悪化させ、より慢性的な症状になっていく恐れすらあります。

根本治療ではなく、対症療法になります。

整体院の特徴 2.  治療効果・持続性について

整体院は、根本治療をしていくので治療効果は上がり、患者様の身体全体を整える施術が多いです。

特に脳や背骨の調整をすることにより、本来は不必要で無駄なところにかかっている力が抜け身体が柔らかくなり、痛みやこりが軽減します。

脳と身体を繋いでいる神経伝達システムの機能が正常化されるので、自然治癒力が上がり当然持続性も上がります。

マッサージでは・・・

マッサージは対症療法なので、治療効果は期待できません。

筋肉を押したり揉んだりすることは、単純な筋肉疲労などには有効ですが、慢性的な問題の解決にはならないことがほとんどです。

持続性は特になく、一時的な揉みほぐしになります。

整体院の特徴 3.  検査やカウンセリングについて

整体院は、検査やカウンセリングを必ず行います。

その症状になった原因を追究し、検査で現在の状態を確認します。

あくまで根本的な治療の施術をするために必要だからです。

施術前後で検査は2回行なうのが通常です。

マッサージでは・・・

マッサージは、ほとんど検査やカウンセリングはありません。

慰安目的でその場しのぎで筋肉をほぐしてもらいたい方が対象なためです。

慢性でひどく辛い症状の方は、患者様として病院や整体院を探されます。

整体院の特徴 4.  資格について

整体院は、各種専門資格を持っている施術者が必ず対応します。

整体の専門学校を卒業し、その後、各種治療院勤務を経験され開業される先生が多いです。

マッサージでは・・・

社内や店内研修期間(数週間~)の後、お客様の担当となることが多いです。

*一般的に【マッサージ=もみほぐし】のイメージがありますが、「マッサージ」という行為が出来るのは、あん摩マッサージ指圧師の資格をお持ちの方だけです。