肋間神経痛

肋間神経痛がなくなりました!

 

男性TM様/57才/会社員

 

1、 最初はどのような症状がありましたか?

肋間神経痛の痛みがひどくて、仕事が手につかない状態でした。

2、 当院に通院してどのように症状が変化しましたか?

痛みがなくなり、通常通り仕事が出来るようになりました。

3、 当院の整体を受けてみて、ここは良かったという点を教えてください

たまった疲れなど、施術を受けた後、状態が良くなり、元気がでます。

4、 当院の施術をどんな方に薦めたいですか?

免疫が落ちた方や、元気のない人に

※施術効果には個人差があります。 


 

改善率92.8%!肋間神経痛改善に強い当院のヒミツをご紹介

こんなお悩みはありませんか?

  • わき腹がズキズキ痛む
  • 背中に張り感がある
  • 最近肩こりがひどい
  • 肋骨の限られた範囲に激痛がある
  • 左右の片側だけ痛む など

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

 

肋間神経痛の原因

肋間神経痛を引き起こす原因は以下のようなものがあります。

ストレス

精神的、肉体的にストレスが溜まっている。

強いストレスを感じる日が続いている。

不適当な姿勢

不適当な姿勢を長時間続けることで、肋間神経が骨などによって直接刺激され痛みが生じる。

筋肉のコリ 

肩や背中がすごくこっている。

筋肉のコリによって発痛性物質が放出されて痛みを引き起こす。

*病気や外傷、解剖学的な異常(続発性肋間神経痛) 

(病気) 胸膜炎、肺がん、肺炎などの胸郭内病変、脊椎や肋骨の腫瘍、帯状疱疹など

(外傷) 肋骨骨折、肋軟骨炎など

(解剖学的異常) 椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、側弯症など

*上半身を動かしたり、前かがみになったりしたときに非常に強い痛みが生じます。

 


こんな仕組みになっています

肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)とは、肋骨の下を走る神経に何らかの原因で痛みが生じる症状のことです。

肋間神経は、12個ある胸椎(きょうつい)の間から左右に対となって出て各肋骨の下を走っている末梢神経です。

肋間神経痛は5~9番目の肋間神経に生じることが多く、通常は左右のうち片側に起こるものです。

症状の程度や現れ方は原因によって様々ですが、特に病的な異常がない【原発性肋間神経痛】と、何らかの病気に起因する*【続発性肋間神経痛】に分けられます。

ここでは、病的な異常がない原発性肋間神経痛の説明をします。

原因はストレスによるものが多いとされていますが、不適当な姿勢を長時間続けたり、筋肉のコリがひどくなったりすると痛みを引き起こします。

症状は特定の肋間神経に生じる痛みであるため、その肋間神経が支配する筋肉や皮膚の領域のみの痛みが生じます。

痛みは非常に強いことが多く、広範囲ではなく、範囲が限られています。

強いストレスを感じたり、肩や背中が凝っているときにズキズキとした痛みを感じたりします。

症状は発作的で、比較的早く治まるのが特徴ですが、症状のキツイときは一日に何度も発症します。

日頃からの対策

・ストレスを溜めすぎないように工夫する

・日頃から良い姿勢を心がける

 

定期的に背骨の調整を受け、ストレスを溜めないようにしましょう!

ご安心下さい!当院が肋間神経痛からあなたを救います!

当院には、病院や他の治療院に行っても良くならなかった方がお見えになります。

そして、優しい施術を受けて症状が改善し、笑顔になって通ってくださいます。

当院では、背骨を調整し、脳の働きを正常にして本来持っている自然治癒力を高めます。それにより、痛みや様々な症状が楽になっていきます。

 

もう肋間神経痛が治らないと諦めなくて大丈夫です。

当院にはその痛みを改善できる技術があります。一度ご相談下さい。